世界最南端の日本食堂

アルゼンチンにあるゲストハウス「Fuji旅館」はブエノスアイレスからさらに南下。「ぺリト・モレノ氷河」のあるエル・カラファデにある。ドミトリーが一泊40ペソ(約800円)。

奥さんが韓国人で旦那さんが日本人ということもあって、日本人と韓国人のバックパッカーなどに人気がある。

ココのオーナーが営む日本食堂が「スシバー藤」だ。

大人気のメニューはパルタの握りずし。パルタの握りとは、アボガドだった。寿司屋の割には魚がない。理由は南緯50度という過酷な環境の場所柄、魚はブエノスアイレスから仕入れなければならないとか・・・

南米へ行く機会があれば立ち寄って見るのもいいかも。

観光客が少ない冬季はロングバケーションに出かけるらしいので休業となるもよう。

ペリト・モレノ氷河は250平方キロメートル、氷の厚さは最大700メートルあるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。